フクロウのクレイジーサイコセゲレイティッドウィットナス

イカれたサイコでサイコーなクリプトカレンシーWEBメディア

クレイジーでサイコなクリプトカレンシーWEBメディア「クレイジーサイコクリプト」

クリプトJK物語 ~恋のトランザクション~

f:id:kariUC:20180311065825p:plain

 

 

―――チュンチュン
「ピピピピッ ピピピピッ ピピピピピピピ…」ガチャン

「う~ん…」

私は備戸恋奈(ビトコイナ)、花連市栗太町に住む高校二年生、JK17ってやつだ。

「おはよ~…」
「お姉ちゃん、おはよ〜」

彼女は備戸キャシー(ビトキャシー)、外人みたいな名前だが私の妹だ。

「姉ちゃんおはよ!遅いぞ!先行くからな!」

こいつは弟の備戸黄金(ビトゴールド)、ご覧の通りキラキラネームだ。
私とは真逆の性格、いつも私と違うことをする。弟ながら気が合わない。

「おはよう恋奈、早く支度してご飯食べなさい?」

母親の備戸サト子(旧姓:中本)、ちなみに父親は私が物心ついた頃から行方不明で、どんな人かも分からない。

「ワンワン!」

愛犬のドジ子(ドジコ)、ドジだからドジ子。

「おかあさん行ってきまーす!」
「行ってきまーす」

「キャシー、恋奈、気をつけてね」


~ 国立ICO高等学校 (international college of high school) ~

「おい、来たぞ!備戸姉妹だ!」

「お〜っ今日もキレイだなぁ〜♡」

「あ〜素敵〜〜あたしもああなりた〜い♡♡」

 

そう、自慢になってしまうが私たち姉妹は美人だ。学内での人気は私が常にトップを維持している。妹は4位くらいだったか?そして私はみんなから「びっとこ」妹は「ビッチ」という愛称で呼ばれている。

 

「やっぱ"びっとこ"ちゃんだよな〜」

「いや、俺は"ビッチ"ちゃんだね。だって将来性あるしな」

「確かにびっとこちゃんは付き合いにくそうだしな」

「いやいや、びっとこちゃんはさ… 」

 

やれやれ、今日もどっちがいいかの論争か…

 

「びっ・と・こちゃん!おは〜〜( ´∀`)☆」ガシィ!

「わっ… もなこ…」

「おはよう。いきなり飛びつくな」


この子は秋葉もなこ(アキバモナコ)、私の数少ない友達のひとり。

この子の人気はそこそこだが、ファンからはアイドルのように愛されている。

 

「今日もテンション低いにゃ~。。。
そんなびっとこちゃんに~、もにゃの元気を~~…
どんどこわっしょ~い!ヽ(☆∀☆)ノ」


「ふふっ、ありがと」

 

私ももなこが好きだ。

 

「もなこちゃ〜ん、置いてかないでよ〜」ハァハァ

「あ、びっとこさん!おはようございます〜」


この子は巴ねむ(トモエネム)、おチビだが頑張り屋さんだ。

実家は農園を営んでいて、よく"収穫"の手伝いをするらしい。たまに仲の良い友達には獲れたフルーツをくれる。おいしい友達だ。

 

「朝から騒々しいわね……あ〜ら、びっとこさん、今日も相変わらずおキレイね」

「まぁ今のうち楽しんでて、そのうちあたしがその座を奪ってあ・げ・る♥️」


この子は座波(ザハ)(下の名前は分からない…)

学内3位の人気者で、唇がぷるぷるしていることから

リップルちゃんと呼ばれ愛されている。

しかしこの女、気に入った相手を見つけてはたぶらかし、腹心にしまくっている。信じられないことに腹心同士の金銭価値のやり取りの仲介をしているそうではないか。

例えばA男がB男へお金を渡す際に間に入り、B男がどんなに遠くにいても素早く届ける。かなり手際が良く、周りからは"リップルネットワーク"と呼ばれている。さらにそれがクレジットやAmazonポイントであっても、フィアットにてお届けするそうだから大したものだ。

 

だからだろうが、一部からは嫌われていたりもする。まったく…お金のやり取りなど当人同士ですればいいではないか、それが"Peer-to-Peer"だというのに…

まぁ勢いがあるのも事実。偏見は持たずにいようではないか。

 

 

ザワザワ ザワザワ

「わ〜、お姉ちゃん、今日もあの人たちの周りすごいね」

「えぇほんと、少し邪魔ね」

 

 

「伊井佐先輩すてき〜」

「ほんとヤバ〜い…」

 

「やぁみんな、おはよう」ニコッ

 

「キャ〜〜〜!!!!♡♡」

 

注目されている彼は伊井佐リアン(イイサリアン)、私に次ぐ人気度2位のイケメンだ。

彼の人気もすさまじい。そして彼の傘下についた者たちも強者ぞろいときた。

 

「はいはい通るよ、どいてどいて」

「はっはっは〜!伊井佐様のお通りじゃ〜!!」

 

番場凍(バンバコオル)と、御見瀬豪(オミセゴウ)

傘下の二人が伊井佐を先導している。この他にも取り巻きはたくさんいる。

 

その伊井佐たちを見下すような眼で見る男が、ボソッと呟いた。

 

「ふん、威張ってられるのも今のうちだ。あんなプロトコルではいつか崩れる」

 

彼は飯尾数(イイオスウ)、新星のように現れ、爆発的に人気をあげた注目人物だ。

なんでも彼に投票した場合、しばらくすると投票撤回ができなくなるらしい。反則に近いが、直前で暴落しないだろうか?

 

「おやおや、今日もわんさか湧いてるネ」

 

後からやってきた彼女は翠寧緒(ミドリネオ)、中国生まれの子だ。彼女は美人なうえ、頭も良いときた。

「ほぉら信者タチ、あまぁい飴ダヨ♪」

「うぉぉお!!ガスだぁぁぁ!!ありがとうございます寧緒様!一生ついて行きますぅ!!!」

こうやってたまに「ガス」と呼ばれるアメをばら撒いて信者を虜にしている。もちろん彼女も虎視眈々と1位を狙っている。

 

「今度の大会どこが優勝するかな~、なぁ賭けようぜ!」

 

彼の名前は「苅田野瑛太」(カルダノエイタ)

ギャンブルバカだ。

 

そんないろいろな個性をもった連中が、ここICO高校でしのぎを削っている。

卒業し、立派な"誇員(コイン)"、"闘君(トウクン)"となるために――

 

 

 

〜 放課後 〜

(今日は遅くなってしまったな…
そうだ、帰ってドジ子の散歩へ行かないと…
ん? あれは…伊井佐… なんか、もめてる?)

 


「さあリアン、一緒にスイスへ帰るんだ」
「いい加減にしてくれよ兄さん!」

兄さん…確か伊井佐の兄は伊井佐クラシコ(イイサクラシコ)、スイスからわざわざ来たのか…
もめてるのは家庭の事情だな、伊井佐財団は昔、兄がやっていた事業を"定男(サ ダオ)"という男に一任させた時期があったそうだが、定男が何者かに事業資金を盗まれ破産寸前だったらしい。
"リアン"という名前はその当時兄の名前だった。しかし兄は"リアン"という名前に盗難履歴という傷を負わせまいと、弟に"リアン"の名(ティッカー)を授け、自分から切り離し日本へ送ったそうだ…

辛さはわかる。私も昔「五楠山(ごくすやま)」というところへ遊びに行ったときにチンピラに誘拐されてしまい、480億円(だったかな?詳しく覚えていない)を奪われてしまったことがある。

その話は有名で、今では盗まれる事を"五楠される"と言われるほどにバズってしまった。

それはさておき、巻き込まれたくないな…

「兄さんはもう"クラシコ"だ、そっちで勝手にやればいいじゃないか!」
「そんなこと言うなって、向こうではみんなお前の事を歓迎している。わがまま言わずに一緒に帰ろう?な?」
「……っ、  あ、びっとこ…」

うっ…気づかれてしまった…


「…リアンの友達か…すまないな」
「リアン、話はまた今度だ」




「悪い、みっともないトコ見せちまった…」

「別に…、それにしても大変そうね」

「ああ、大したことないさ、兄さんは兄さん、俺は俺、ベーコンはベーコンだ

「は?」

「いや、こっちの話だ」
「…なんか二人きりで話すの久しぶりだな」

「そうね」


「…俺はお前を超えるつもりでいるが、なれると思うか?」

「フフッ、それ私に聞くの?ずいぶん弱気ね」

「1位と2位と言っても、君とじゃ桁が違うじゃないか」

「だけどあなたの周りにはたくさん仲間がいるじゃない」
「 私はわりと孤独だけど……」

「……」
「…びっとこ、俺は…」

「?」

「もし俺に実力があったとしても、お前を1位から下すのが本当に正しいのか分からない」

「?? でも周りの評価よ?結果はどうしても出るわ」


「1位とか、2位とかじゃなくて…」



「俺は、お前とクロスチェーンで繋がりたい!!」

「!!!?」

「今度、ミートアップしてくれないか!?」

 

「ええええ!!?」
///カァーーーッ///


「わっ、わたっ、私急いでるから!
先帰るね!それじゃ!!」タッタッタッ…

 

「あぁ・・・」

 

 

 

──────────


「なになになにアイツ!!!なんでいきなり告白してくんの!?まだだって、そんなに仲良くなってないのにフツー告る!?

いやいやいやいや!意味わかんない!!えっ!?
ヤバいヤバいヤバい!!アガっちゃうアガっちゃう!!!!!
落ち着け、私!落ち着け、私!あぁダメだ、どんどんアガっちゃうぅぅ!!!
頭がボートーしちゃうよぉぉぉぉぉ!!!

えーーーーーっ!!イヤーーーーーッ!!!

フーッ!フーッ!このまま月まで行っちゃいそう・・・

ああああああああぁぁぁぁぁ・・・MOONしちゃうぅぅぅ・・・
なんで!わたしは!こんなに!
気持ちのボラが高いのよぉぉぉぉぉ!!!!!」

 

──────────

 

「ハァーッハァーッ…それより…」

「クロスチェーンってなにかしら?」

 

<次回予告>

キャシーです☆

お姉ちゃんと和田CC(コンディショニングセンター)に来たら

リップルちゃんとねむちゃんに会ったわ!

えぇ!?ねむちゃんのロッカーから580億円五楠されちゃったって!?

た〜いへん!!ねむちゃんのファンたちは一体どうなっちゃうの〜〜!!

次回「ねむは悪くない」

焦らず待っててね、トランキーロ〜〜☆

 

 

〜 つづ・・・きません 〜

 

 

投稿者

かりUC@琉球コイナー (@kari_uc1014)https://twitter.com/kari_uc1014?s=09